コミュ障リーマンの日記

コミュ障と自覚しているリーマンの水野が日常を綴っています。

出川イングリッシュ

出川イングリッシュ見ていて思うのは、やっぱり恐れてはいけないってことですね。

 

大抵のことは気持ちと表情で相手にも伝わりますし、そのほうが人生楽しくなるような気がします。

 

出川としては番組のコンテンツになればいいってことで勢いで話しているのだと思いますが、それでも面白くできるのが天才的な才能だと思いますよね。

 

昔短期留学に行った先のホストファミリーに「自分のことを赤ちゃんだと思って英語の勉強をしなさい」と言われたのを思い出します。

 

この言葉で吹っ切れて僕はしゃべるのが怖くなくなりました。

広告を非表示にする