コミュ障リーマンの日記

コミュ障と自覚しているリーマンの水野が日常を綴っています。

ゾンビアリ

 

熱帯雨林にはまだまだ不思議な生き物がいるかもしれませんね。

 

ゾンビアリというオオアリが話題になっているのですが、ある菌類に脳をコントロールされてしまっているそうです。

 

さんざんあたりをうろついた後に葉や小枝の下のほうを噛みながら息絶えるそうですが、その後その死んだアリから胞子がでて再び周りのオオアリに感染するそうです。

 

でも不思議なのは、そのオオアリの脳内にはその菌はいないそうです。

 

どこか外部から脳をコントロールしているとしか思えないそうですね。

 

広告を非表示にする